ミスト噴射器アイミー 

「外に持ち運べる電化製品」のことを外電といいますが、その外電が、今若い女性の間で流行しています。

携帯電話の感覚なのだと思います。 ヘアアイロンや脱毛器などが代表格ですが、寒い時期に向けて、人気が高まっている外電が、ミスト噴射器ハンディーミスト imiy(アイミー)です。



 
お肌が乾燥しやすい人には、大助かりですね。
 
imiy(アイミー)を30秒間、自分の顔に向けて、ミストを噴射すれば、お肌がしっとりとします。

外出時に、お肌がカサカサになる乾燥肌の方には、嬉しい外電ですね。
 
噴射されるミストは、ナノミスト

ナノミストは、メイクパウダー粒子の1000分の1の微粒子ミストなので、霧で吹いたように濡れたりはしません。

お肌がしっとりとするわけです。
 
ハンドバッグに1台、imiy(アイミー)があれば、寒い日の外出時も安心ですね。

ハンディーミスト imiy(アイミー)スターターキット★超高速ナノミストで24時間うるおい導入♪...

生理と肌荒れ

生理に関連して周期的に肌荒れが起きるというのは、女性なら誰しも自ら経験して知っていることです。
 
どういうメカニズムで、生理の状態が肌荒れを引き起こすのでしょうか。


健康な成人女性であれば、女性ホルモンの働きによって、約1ヶ月の周期で排卵と生理が起こります。

生理により体内のホルモンの状態が変化することが原因で、肌荒れになると考えられています。

肌荒れと月経周期の状態について整理すると、次のような感じです。


1.卵胞期(生理後8〜10日間位)
排卵の準備をするホルモンが分泌され子宮内膜が増殖します。生理の期間が終り、心も体も快適で、肌荒れなどトラブルもなく安定している時期です。

2.排卵期(生理後14〜15日目位)
排卵期は、一番妊娠しやすい時期ですね。卵胞が卵巣の中で成熟し、卵胞壁を破って卵子が飛び出します。排卵期の肌は、皮脂の分泌が多くなり脂っぽくなってきます。にきびができたり肌荒れを起こしやすい状態となります。

3.黄体期(生理前の10〜12日間位)
妊娠のための準備をするホルモンが分泌され、受精卵の着床を待っている時期です。
生理前の不快な症状が出やすくなり、肌荒れにきびができやすくなります。普段使い慣れた化粧品でもノリが悪かったり、肌荒れをしたりすることもあります。

4.生理期(約5〜7日間)
妊娠をしなかった場合、赤ちゃんのためのベッドである子宮内膜が剥がれ落ち、が生理出血します。この時期は、ホルモン分泌が少なくなり、血行不良になって手足が冷えやすくなります。

 
このように、ホルモン状態から女性の肌が最も安定しているのは、生理が終わってから排卵までの数日だけで、それ以外の時期は、肌荒れしやすい不安定な状態にあるといっていいでしょう。

サプリメントで肌荒れ対策

肌荒れに対してサプリメントを活用する手があります。

勿論、食生活の改善やストレス解消が重要ですが、サプリメントで、肌荒れ解消を促進することもいいことではないでしょうか。

ビタミンC
シミやそばかすを防いでくれることから、紫外線を浴びやすい夏場などにはビタミンCを摂取したいですね。また、肌の免疫力を高め、コラーゲン生成に関係し、ハリのある肌を保ってくれます。


ビタミンE
ビタミンEは、アンチエイジングに役立つビタミンだといわれています。血液の流れを改善し、新陳代謝を高め、老廃物を取り除いてくれます。また、ビタミンC同様に、シミ、そばかすなどの予防にも役立ちます。


ビタミンB
ビタミンBは疲労回復、ストレス解消に役立ちますが、さらに、これが不足すると、皮膚の組織を悪化させ、肌荒れしやすくなります。

ミネラル
体内での必要量はわずかですが、ミネラル不足になると、防御機能、活動機能、生殖機能が低下してしまいます。

大豆イソフラボン
女性ホルモンに働きかけ、骨粗しょう症の予防や、にきびなど肌荒れの防止効果もあると言われています。
摂りすぎると良くありませんので注意が必要です。

そのほかにも、必要なビタミンがありますが、主なものは上記のとおりです。
 
DHCのサプリメントがお値段もお手頃で、有名企業なので品質的にも安心です。
>>> ★DHC 楽天市場店 オンライン直販★

肌荒れと乾燥

肌荒れは、寒い時期の秋から冬、暖かくなってくる春先などに、多く見られるようです。肌荒れの原因にはいろいろありますが、乾燥は、特に肌荒れと深い関係があるようです。

季節にもよりますが、肌荒れでも特に乾燥肌で悩んでいらっしゃる方は結構多いと思われます。特に、季節の変わり目に、乾燥による肌荒れが顕著になる方が多いようですね。


乾燥肌は、体の水分の蒸発を防いでいる角質層自体の衰えや角質層を保護している皮脂膜の分泌の衰えにより肌が乾燥しやすくなり起こります。つまり、体全体の水分量が低下することによって起こります。

一般的には20〜25歳位までをピークにお肌の新陳代謝が衰え始め、体の水分量が減少してきます。

ですから、25歳を過ぎたら、毎日しっかりと保湿ケアをしないと肌の水分バランスが壊れ、カサカサになってしてしまいます。、中には、アトピー性皮膚炎にまでなってしまう方もいらっしゃいます。

年齢が25歳を過ぎ、肌の乾燥が見受けられる方は、保湿効果の高い化粧品や洗顔料をできるだけ使うように心がけましょう。


また、冬場などエアコンが効いている室内では、お肌が乾燥しがちです。室内は50〜60%の湿度が快適に感じられるのですが、人間の肌からすると、若干高めとなる60〜65%が良い状態です。自宅では、加湿器などを設置して60%以上を維持するようにしたいですね。


加湿器がない場合は、水で濡らして絞ったタオルを室内にかけておくだけで湿度を上昇させることができます。乾燥肌に特に気を使わないといけないのは、冬場です。室内の空気が乾燥し、カサカサの乾燥肌になってしまっては遅いので、肌にとって十分な湿度を保つよう心がけましょう。