肌荒れ対策

人の肌は体の外側から刺激を受けたり、体の内側からは神経やホルモンの影響を多く受けたりして、それが肌荒れとなって現れることになるのです。

肌荒れの原因と対策について詳しくみてみましょう。まずストレスが溜まると脳の交感神経がストレスホルモンを分泌し、そのために肌が持つ免疫力を低下させてしまうため、肌のターンオーバー、つまり新陳代謝が活発になりすぎたりします。

そうすると新しい細胞が次々と生まれることで、古い細胞が順に剥がれ落ちるという正常な形がなくなってしまうのです。その上免疫力が低下するということは、皮脂の過剰分泌や、紫外線によるメラニンの増加促進をしてしまうことになり、それが肌荒れを起こすことになるのです。


そしてビタミンB2が不足しても、正常な細胞が作られなくなるということで肌荒れにつながってしまうのです。必要な栄養素を補うことは、肌荒れ対策に最も大切なことなのです。

近頃はいろいろな栄養素を含んだサプリもたくさん売られていますが、食事の中でも十分に必要な栄養素は摂取できるでしょう。食事面では、1日3食必ず食べるようにすることが肌荒れ対策として気をつける点でしょう。ダイエットをしている人も毎食、栄養の整った食事を心がけていれば、痩せることも可能ですし、肌荒れもしないきれいな肌になれます。

適度に油分を摂ることも肌荒れ対策として大切なことですが、油分は摂りすぎると油ばかり体が吸収するようになり、他の栄養素を吸収できなくなることがあるので、その点は気をつけましょう。食事を改善し、健康な食事を心がけるようにすれば、肌荒れの対策にもなるでしょう。