にきびとは

にきびができるのは、皮脂が多く分泌される部分で、皮脂を分泌する毛穴が詰まることでにきびが作られます。詰まった毛穴の中に脂や角質が溜まると、黒にきび(毛穴が開いて見えている状態)または白にきび(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるにきびになります。

皮膚に常在している菌、つまり細菌が作用すると、今度は赤いにきびが作り出されます。皮脂を好むこの細菌は、詰まった毛穴の中でどんどん増えていき、皮膚の中でタンパク質を刺激するのです。それから炎症が起きて赤くなったり、膿がたまり黄色い部分ができるのというのが、にきびが発生するメカニズムなのです。

さらにそれが進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し、さらに炎症が起こることもあるといいます。このような皮膚の深い部分が傷ついてしまっている場合は、炎症が治ってもいわゆるにきび痕として残ってしまいます。

にきびができる原因は、毛穴がつまること以外にも不規則な生活や暴飲暴食をしたりすること、またストレスなども関係してくるといいます。また生理前に一時的に増加してしまうホルモンバランスの乱れなどの体の内因的なものから、にきびが発生するということも多々あるようです。

にきびの出来るところは、頬や顎、鼻の頭などの顔ばかりではなく、首背中、うなじなどに出来ることもあります。にきびができる場所によって、対処方法もそれぞれ違ってきます。にきびとは、皮脂の分泌の活発な毛穴がふさがれてしまうと、部分的に雑菌が繁殖し、そのため皮膚の中で炎症を起こしてしまう状態のことをいうのです。