肌荒れと皮膚科

肌荒れになった場合、にきびにしても、乾燥肌にしても、アトピー性皮膚炎にしても、時々出る程度や症状がまだ軽いようなら、使っている化粧品を変えたり、栄養をサプリメントで摂ったりと簡単な対策内容のスキンケアで改善することがあります。

しかし、症状が悪化してひどく肌が乾燥したり、皮膚にかゆみや痛みを強く感じたり、腫れて炎症を起こしたりするようであれば、皮膚科で治療を受けるため受診すべきです。

症状から自分で治療、スキンケアの方法をシロート判断してしまうと、逆に症状が悪化してしまう可能性もあります。皮膚科で医師の診断に従い、きちんとした治療をしていくのがベストです。

特にアレルギー体質の場合は、一度肌荒れすると長引くケースもよくあります。完治するまで時間や手間がかかるかもしれませんが、きちんと通院して治療を受けましょう。

皮膚科の医院は、相当な田舎は別として、たいていどこの町にでもあります。多くの医院の中から選ぶ場合迷いますが、できたら、近所だからといった理由よりも、口コミやインターネットなどで病院の評判を調べてから選ぶのがいいかもしれません。

皮膚科で受診する際には、普段から自分が使っている、または使っていたクリームや化粧品はどんなものか、またどんなスキンケアを行っていたのかを説明できるように準備して行きましょう。


ご自分で肌荒れの原因が分っている場合は、原因を医師に必ず伝えましょう。
皮膚科で処方された薬は症状によって自己判断で中断するのではなく、医師の処方に従い、続けることが大切です。