生理と肌荒れ

生理に関連して周期的に肌荒れが起きるというのは、女性なら誰しも自ら経験して知っていることです。
 
どういうメカニズムで、生理の状態が肌荒れを引き起こすのでしょうか。


健康な成人女性であれば、女性ホルモンの働きによって、約1ヶ月の周期で排卵と生理が起こります。

生理により体内のホルモンの状態が変化することが原因で、肌荒れになると考えられています。

肌荒れと月経周期の状態について整理すると、次のような感じです。


1.卵胞期(生理後8〜10日間位)
排卵の準備をするホルモンが分泌され子宮内膜が増殖します。生理の期間が終り、心も体も快適で、肌荒れなどトラブルもなく安定している時期です。

2.排卵期(生理後14〜15日目位)
排卵期は、一番妊娠しやすい時期ですね。卵胞が卵巣の中で成熟し、卵胞壁を破って卵子が飛び出します。排卵期の肌は、皮脂の分泌が多くなり脂っぽくなってきます。にきびができたり肌荒れを起こしやすい状態となります。

3.黄体期(生理前の10〜12日間位)
妊娠のための準備をするホルモンが分泌され、受精卵の着床を待っている時期です。
生理前の不快な症状が出やすくなり、肌荒れにきびができやすくなります。普段使い慣れた化粧品でもノリが悪かったり、肌荒れをしたりすることもあります。

4.生理期(約5〜7日間)
妊娠をしなかった場合、赤ちゃんのためのベッドである子宮内膜が剥がれ落ち、が生理出血します。この時期は、ホルモン分泌が少なくなり、血行不良になって手足が冷えやすくなります。

 
このように、ホルモン状態から女性の肌が最も安定しているのは、生理が終わってから排卵までの数日だけで、それ以外の時期は、肌荒れしやすい不安定な状態にあるといっていいでしょう。