肌荒れと化粧品

肌荒れには色々な原因がありますが、中でも大きな要因のひとつである化粧品について検討します。

女性の方が毎日使う化粧品としては、化粧水、洗顔料、保湿クリーム、メイク用品などがありますが、肌荒れとどう関係しているのでしょうか。


ほとんどの化粧品には「合成界面活性剤」という成分が含まれています。

 
この合成界面活性剤というのは、石油が原料となっていて、水と脂を混ぜ合わせて乳状にしたり、脂汚れを分解し汚れを落とす効果がある物質です。


この物質は体や皮膚にあまり良い影響を与えません。
洗浄性は高いのですが、自然な物質ではないため、皮膚に刺激を与えやすい物質です。


皮膚にあるバリア機能を破壊すると言われています。したがって、肌荒れの原因にもなりますし、しみ、しわ、乾燥肌の原因になる可能性もあります。

洗顔は元来、ホコリや雑菌、余分な皮脂や古い角質などを洗い、清潔な肌に戻すことを目的とし行うものです。しかし、合成界面活性剤を含む洗顔料やメイク落としを使いすぎると、肌荒れの原因となってしまいます。


メイクが濃いと、メイク落としと洗顔料のダブル洗顔をしがちですが、下地クリームにファンデーションくらいならば、洗顔料だけで十分落とせるはずです。


洗顔料やメイク落としの使いすぎは、余分な皮脂だけでなく、必要な皮脂も落としてしまいますので、皮膚を傷め、肌荒れの原因となります。

 
たっぷり使うと洗い残しもありアレルギーの原因ともなります。


どんな洗顔料やメイク落としを使ったとしても、使用する量は控えめにし、使ったらよくすすぎをすることが大切です。また、メイクは、帰宅後は、出来るだけ早めに落とすようにするほうがお肌には良いでしょう。