ミスト噴射器アイミー 

「外に持ち運べる電化製品」のことを外電といいますが、その外電が、今若い女性の間で流行しています。

携帯電話の感覚なのだと思います。 ヘアアイロンや脱毛器などが代表格ですが、寒い時期に向けて、人気が高まっている外電が、ミスト噴射器ハンディーミスト imiy(アイミー)です。



 
お肌が乾燥しやすい人には、大助かりですね。
 
imiy(アイミー)を30秒間、自分の顔に向けて、ミストを噴射すれば、お肌がしっとりとします。

外出時に、お肌がカサカサになる乾燥肌の方には、嬉しい外電ですね。
 
噴射されるミストは、ナノミスト

ナノミストは、メイクパウダー粒子の1000分の1の微粒子ミストなので、霧で吹いたように濡れたりはしません。

お肌がしっとりとするわけです。
 
ハンドバッグに1台、imiy(アイミー)があれば、寒い日の外出時も安心ですね。

ハンディーミスト imiy(アイミー)スターターキット★超高速ナノミストで24時間うるおい導入♪...

サプリメントで肌荒れ対策

肌荒れに対してサプリメントを活用する手があります。

勿論、食生活の改善やストレス解消が重要ですが、サプリメントで、肌荒れ解消を促進することもいいことではないでしょうか。

ビタミンC
シミやそばかすを防いでくれることから、紫外線を浴びやすい夏場などにはビタミンCを摂取したいですね。また、肌の免疫力を高め、コラーゲン生成に関係し、ハリのある肌を保ってくれます。


ビタミンE
ビタミンEは、アンチエイジングに役立つビタミンだといわれています。血液の流れを改善し、新陳代謝を高め、老廃物を取り除いてくれます。また、ビタミンC同様に、シミ、そばかすなどの予防にも役立ちます。


ビタミンB
ビタミンBは疲労回復、ストレス解消に役立ちますが、さらに、これが不足すると、皮膚の組織を悪化させ、肌荒れしやすくなります。

ミネラル
体内での必要量はわずかですが、ミネラル不足になると、防御機能、活動機能、生殖機能が低下してしまいます。

大豆イソフラボン
女性ホルモンに働きかけ、骨粗しょう症の予防や、にきびなど肌荒れの防止効果もあると言われています。
摂りすぎると良くありませんので注意が必要です。

そのほかにも、必要なビタミンがありますが、主なものは上記のとおりです。
 
DHCのサプリメントがお値段もお手頃で、有名企業なので品質的にも安心です。
>>> ★DHC 楽天市場店 オンライン直販★

肌荒れ対策

人の肌は体の外側から刺激を受けたり、体の内側からは神経やホルモンの影響を多く受けたりして、それが肌荒れとなって現れることになるのです。

肌荒れの原因と対策について詳しくみてみましょう。まずストレスが溜まると脳の交感神経がストレスホルモンを分泌し、そのために肌が持つ免疫力を低下させてしまうため、肌のターンオーバー、つまり新陳代謝が活発になりすぎたりします。

そうすると新しい細胞が次々と生まれることで、古い細胞が順に剥がれ落ちるという正常な形がなくなってしまうのです。その上免疫力が低下するということは、皮脂の過剰分泌や、紫外線によるメラニンの増加促進をしてしまうことになり、それが肌荒れを起こすことになるのです。


そしてビタミンB2が不足しても、正常な細胞が作られなくなるということで肌荒れにつながってしまうのです。必要な栄養素を補うことは、肌荒れ対策に最も大切なことなのです。

近頃はいろいろな栄養素を含んだサプリもたくさん売られていますが、食事の中でも十分に必要な栄養素は摂取できるでしょう。食事面では、1日3食必ず食べるようにすることが肌荒れ対策として気をつける点でしょう。ダイエットをしている人も毎食、栄養の整った食事を心がけていれば、痩せることも可能ですし、肌荒れもしないきれいな肌になれます。

適度に油分を摂ることも肌荒れ対策として大切なことですが、油分は摂りすぎると油ばかり体が吸収するようになり、他の栄養素を吸収できなくなることがあるので、その点は気をつけましょう。食事を改善し、健康な食事を心がけるようにすれば、肌荒れの対策にもなるでしょう。

肌荒れと皮膚科

肌荒れになった場合、にきびにしても、乾燥肌にしても、アトピー性皮膚炎にしても、時々出る程度や症状がまだ軽いようなら、使っている化粧品を変えたり、栄養をサプリメントで摂ったりと簡単な対策内容のスキンケアで改善することがあります。

しかし、症状が悪化してひどく肌が乾燥したり、皮膚にかゆみや痛みを強く感じたり、腫れて炎症を起こしたりするようであれば、皮膚科で治療を受けるため受診すべきです。

症状から自分で治療、スキンケアの方法をシロート判断してしまうと、逆に症状が悪化してしまう可能性もあります。皮膚科で医師の診断に従い、きちんとした治療をしていくのがベストです。

特にアレルギー体質の場合は、一度肌荒れすると長引くケースもよくあります。完治するまで時間や手間がかかるかもしれませんが、きちんと通院して治療を受けましょう。

皮膚科の医院は、相当な田舎は別として、たいていどこの町にでもあります。多くの医院の中から選ぶ場合迷いますが、できたら、近所だからといった理由よりも、口コミやインターネットなどで病院の評判を調べてから選ぶのがいいかもしれません。

皮膚科で受診する際には、普段から自分が使っている、または使っていたクリームや化粧品はどんなものか、またどんなスキンケアを行っていたのかを説明できるように準備して行きましょう。


ご自分で肌荒れの原因が分っている場合は、原因を医師に必ず伝えましょう。
皮膚科で処方された薬は症状によって自己判断で中断するのではなく、医師の処方に従い、続けることが大切です。